建て替えを理解する

これから自宅を建て替えようか、リフォームをしようか検討している方もいることでしょう。
ただ意味合いがどこが違うのかわからないと思っている人も多く、明確な違いを理解しないまま工事を決断する方も少なくありません。
実際のところ、建て替えとリフォームはどう違うのでしょうか。


まず建て替えというのは、廃棄物が撤去される際に費用をかけることになります。
建物を全て取り壊していくため、リフォームと比較しても廃棄物がとても多くなってしまいます。
そこから改めて建設をするため、廃棄物の撤去に関する処分費や重機、そして運搬にかかる費用なども発生してしまうのです。
そして仮住まいをする時には家賃や、家具などを引っ越していく際の費用や登記費用もかかってしまいます。
法律上でも住んでいる土地について建築基準法だったり、地域で条例が改正されると建て替えの条件が変わっていってしまいます。


一方でリフォームは廃棄物を処理する費用を減らすことができます。
しかし家の基礎を見た時に劣化したり沈下をしている時には、構造上で重要な部分を工事することになることがあり、予想以上の金額をかけてしまうこともあるでしょう。
希望通りにリフォームをしたとしても、デザイン費などで高くなってしまうこともあります。

事前に建て替えるかリフォームをするかプランを業者へ相談していくほうが無難といえるでしょう。
判断するには利用できる部分がまだ使えるか、そして見積が正確に出るかをチェックしていくことが大切になっていきますので、事前にチェックしておきましょう。

Copyright © 2014 建て替えとリフォームの違いって? All Rights Reserved.